水道の水が赤茶けているような気がするのですが

水道の水が時として赤茶けているように感じる、そのようなトラブルは全国各地で見受けられる現象です。そして、特にこのようなトラブルが起こりやすいのが、旧式の家屋に設置されているような水道や、頻繁に水道を使用していないようなケースとなります。

この水道の水が赤茶けるという現象は、一般的に赤水と呼ばれており、その赤水が起こる原因としては水道の配管の錆などが考えられています。前述した「旧式の家屋に設置されている水道」でこの赤水が起こりやすいと書いたのは、古いタイプの水道管ほど、配管内で錆の発生が起こりやすく、それにともなって赤水の発生も起こりやすいことが考えられるからです。このような水道設備の場合、赤水を軽減しようとか改善しようと考えているのであれば、配管そのものを交換してしまうことが一番良い方法になります。なぜなら、最近の配管はプラスチックでできていたり、金属製でも錆が発生しにくいタイプの配管ばかりですので、基本的にこの赤水は発生しないと考えていてかまいません。そのため、配管を交換するだけで赤水の発生を根本的な部分から改善することができます。

配管の交換を行うのはとても大変なことであると考えられている方もおられるかもしれませんが、いざその交換を行ってみると分かりますが以外と簡単に終わることが分かります。それに古い配管を使用していることは健康的な面でも様々な影響があると考えられますので、多少手間がかかってもその交換を行っている方が自分のためになるでしょう。

今回のご質問のような水道の水が赤茶けていると感じるような方がいれば、まず自宅の配管の種類を確認してみてください。そして配管の種類が古いということが発覚したならば、できるだけその配管を交換するようにしましょう。ただ、もし交換するのが不可能である場合は、その錆が起こらないように定期的に、そして頻回に水道の水を流す努力を行ってください。