トイレが水浸しのとき最初にすることは・・

私達が生きていくなかで、トイレは一日に何回も利用する生活の必需場所です。そのトイレで水漏れのトラブルが起きたら・・・、早急に対応をしなければ様々な問題を引き起こす、非常に緊急性を伴うトラブルになってしまいます。

では、何故トイレでの水漏れトラブルが緊急性を伴うのかというのが重要ですが、トイレの水漏れは際限なく水が溢れ出す事となり、床板を水浸しにするだけでなく、階下の住居に水漏れを起こすトラブルであるからです。水は家屋の腐食の原因となり、畳やフローリングも痛める原因となりますし、階下の方との近隣トラブルに発展するケースも少なくありません。
トイレの水漏れの原因の大半は、パッキン等の防水措置を取る為のパーツが経年劣化で割れたり緩くなったり、ネジ等が緩んでしまった事が原因で起こってしまうトラブルが大半です。本来であればしっかり機能していなければいけない部分が、時間と共に機能しなくなるというのが経年劣化です。
特にトイレの水漏れで多い原因は、「トイレタンク」からの水漏れです。
トイレタンクは常に大量の水が備蓄されている場所である為、トラブルが起きればあっという間に水浸しとなります。

もしトイレの水漏れが起こってしまったら、一番最初にする事は水道の元栓である止水栓を閉める事です。流れてしまった水は元に戻ることはありませんが、これ以上の水が流れてくる事はなくなるので、問題がこれ以上発展することを止める事ができます。
次いで出来る事は、一番トラブルの多いトイレタンクのチェックです。タンクに接合されている部分から水が漏れている、内部のパーツが正しい位置からズレている等が原因となっている事があります。

トイレの水漏れトラブルは生活の生命線と言っても過言ではありません!もし問題が起きた場合は早めにお近くの水道業者にご連絡し、早めに修理するようにしてください。